ハンセン病資料館を訪ねる

電車内で見かけた翡翠色のポスターにただただ惹かれて「ハンセン病資料館」へ。
*企画展は終了しています。

ハンセン病といえば数年前に読んで衝撃を受けた「北條民雄」著作の私小説「いのちの初夜」が蘇る。
肉体は腐り崩れていくなか精神は純粋を保つことができるのか。療養所で生きる人々の命はグロテスクと美を同時に併せ持ち得体の知れない輝きを放つ。
その小説の印象とこのポスターの翡翠色が完全に重なり「これはいかねば」と思い込んだのであった。

とはいえ絵画展ともあって気軽に出かけた。
場所は東村山市。西武池袋線の駅からバスを利用してアクセスすることもできるが、武蔵野線:新秋津駅から徒歩20分を選択した。(暑いのに)

地図を確認したところ公園の一角にあるようだ。資料館を目指して緑地に足を踏み入れたのだが、、

不思議な静けさを持つ森。そしてなんだか注文が多く独特の空気感。あれ?入ってよかったのか?

「ハンセン病資料館」が見えてきて安心するが、ここは公園ではなく「国立療養所多磨全生園(ぜんしょうえん)」の敷地内であることを知る。

お目当ての絵画展は小さな企画展であった。すべて入場無料。
全生園の存在も知らずまたしっかりした常設展があるとも調べずにひょっこり来てしまった。そこでまずは休憩がてら概要を知ろうとちょうど映像ホールで始まっていた全生園入所者の体験談DVD鑑賞に滑り込むが、これがショックな内容であった。

・矯正収容
・不妊手術
・監禁
・特効薬が開発されたにも関わらず、法令整備が遅れ人権侵害や差別が続く、、、

全生園はまさに北條民雄が生涯を終えた舞台であった。想像を絶する療養生活と精緻に描かれる心の在り様をどこか崇高な異世界のことの様に捉えてしまっていたようだが、臨場感ある体験談に加えこの7月にハンセン病国賠訴訟の控訴を国が見送ったとのニュースを知り、小説の世界と現在がやっと繋がったのだった。

さらに常設展を受け止めるのはひょっこり訪ねた私には重すぎたので通り過ぎるに留めた。また改めて出直そうと思う。

展示の最後に見た療養者達による絵画展のおかげで頭がやっと情報から解放された。
お目当ての翡翠色の絵の題名は「アマダイ」。
なのに頭に飾りがついて胸鰭・尾鰭も魚のそれではない。
闇の中の光のイメージがぴったりである。

●全生園の散歩道
http://www.hansen-dis.jp/06vst/tamazenshoen_map

●いのちの初夜 北條民雄著
私の中で勝手に翡翠色の表紙に置き換わっていたのだが、読んだ角川文庫の表紙はこちら。全然ピンクではないか!自分の記憶の適当さに驚いた。思い込みも甚だしいがやはり小説の印象は翡翠色である。

 

 

 

遊動する身体 第5号 2019.8

この度「遊動する身体」にオイリュトミー鑑賞記録を寄稿する機会を頂いた。

西田隆重氏とは2017年発足「コウモリクラブ」の活動を通して知り合う。
西田さんは神奈川労災職業病センター職員としてアスベスト問題に取り組んできたが同時に気功・オイリュトミーを学びさらに渡独までしてオイリュトミー療法の取材をした経歴の持ち主であり、季刊誌「遊動する身体」の発行人でもある。

「遊動する身体」という冊子はそういう訳で気功・オイリュトミーに携わる人々への取材・研究レポート・舞台鑑賞記録等から構成される稀有な出版物である。

昨年とあるオイリュトミー公演を拝見した際にたまたま席が隣合わせになり、それが縁で今回公演鑑賞記録を寄稿する運びとなった。
感じた通りに、でも人を傷つけない様に、好き嫌いの判断で終わりにするのではなく何故私がそう感じるに至ったのか真剣に考えて文章にしたつもりだが、冊子ができあがり同じ誌面に並んだオイリュトミストの諸先輩方の文章を確認した今自分の未熟さを痛感した。それほど先輩方の文章には人間の深みと温かさがあった。

とはいえ深みは出そうとして出るものではないのだ。仕方ない。
今の私を映す機会を与えて下さったことに感謝したい。

問い合わせ
季刊誌「遊動する身体」
https://sites.google.com/site/youdongsurushenti/home
発行所       辻  堂  出 版
〒251-0047  藤沢市辻堂 3−3−27
TEL  0466-36-6854, 090-6537-6943
E-メール 4058649191@jcom.home.ne.jp

ルドン ー秘密の花園

なんて美しい装丁なのでしょう!カタログの表紙です。
 

「ルドン ー秘密の花園」展に行って参りました。
http://mimt.jp/redon/
東京駅近く、迷宮の様な三菱一号館美術館が会場です。
黒ルドンしか知らなかったのですが、この度、色ルドンを初体験しました。
幻想的でありながら落ち着いた色彩と空間。
日本的なものを強く感じました。
また館内は作品保護の為、照明がかなり落とされていますが
ドムシー男爵の城ではルドンが手掛けた大きな絵画群が太陽光線の下、四方の壁に所狭しと掲げられていたとのこと。しかも食堂に。。
しかし豪奢とは感じません。気に入ったものと生活する、その精神が実に金持ちらしく清々しく思えました。
リッチな気分で悠々と帰宅。

絵葉書もゲット。
でもやっぱり、、
黒ルドンに長く見入ってしまう私。

原生林のコウモリ

「原生林のコウモリ」 遠藤公男 著

大変良書なのです。
コウモリへの興味だけで購入しましたが、子供向けということもありグイグイ読めます。
昭和30年代、深い原生林に覆われた八幡平の麓での出来事。小学校に赴任された遠藤先生がコウモリ研究に取り憑かれていきます。
表紙にもあるニホンウサギコウモリと初めて出会うシーンは先生の感動が伝わり、思わずほろりときてしまいました。

(コキクガシラだな、ふつうの・・・)とあっさり見すごそうとしたわたしは、おやっと足をとめました。耳がないのです。そのかわりに、なにか細い角のようなものが出ているのです。ライトにしげきされたのか、そのコウモリは背中から、なにかをゆっくり起こしはじめました。なんと、それは自分のからだほどの長さの耳だったのです。
「ウサギコウモリだ!」

また遠藤先生は原生林が無ければコウモリ達は生きられないことを調査によって明らかにし、営林署に森林伐採中止を陳情。この時伐採計画は中止されましたが、現在では原生林は見るかげもなく伐られたとのこと。
森を守るために私には何ができるのでしょう?

月下の弧ズ人

オイリュトミー公演のご紹介です。

リハーサルを拝見いたしました。
名曲・大曲揃いです。
そして公演名の由来でもあるバルトークによる「Kossuth」。
陰陽あわせもつ謎めいた旋律。
一体どこへ連れて行かれるのでしょう?
 
日時 ●2018年4月22日(日)開演19:30 (開場30分前) 

チケット ●前売り¥2500 当日¥3000 学生¥1500(前売りのみ)
場所 ●国分寺市立いずみホール(JR西国分寺駅南口 徒歩1分)
予約 ●tenshi_4th_reserve@
お問い合わせ ●09018374285(ヤマグチ)

原一男監督「ニッポン国 VS 泉南石綿村」

原一男監督によるドキュメンタリーを見ました。
8年間にわたりアスベスト裁判を追い続けた全記録。
長期にわたる裁判です。原告がばたばた死にます。
泣いたり怒ったり、それでも笑ったり。
4時間(途中休憩有)もありますが、全く飽きませんでした。
渋谷ユーロスペースにて、しばらくは13:00より上映中です。

自分が本当に何も知らずに能天気に生活していることを痛感します。
どう考え、どう行動すべきかを問われたように感じました。
そうそう答えなど出ませんが、
ちゃんと生きようと、今はただそれだけ思います。

あけましておめでとうございます 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戌年ということで、ふとこの本の存在を思い出した。
作品社「日本の名随筆」シリーズより 「犬」 江藤淳 編

執筆者には名だたる方々が並ぶ。
数十年前に読んだのだが、冒頭の堀口大學の詩が忘れられない。
今も世の中はくさいことでしょう。
そう長くはない随筆が並ぶが、それぞれの作家の文章に容易に引き込まれてしまう。装丁も美しい。
「日本の名随筆シリーズ」はこれからも読んでいきたい本のひとつ。
今調べたら「花」「蝶」「猫」「釣」・・・100巻もあった。
さらに別冊も出ており、「囲碁」「相撲」「珈琲」「酒場」・・・
これまた100巻。先はかなり長い。

ダンスの舞台へ

 

 

 

 

 

 

尊敬するジャズダンスの先生の舞台を拝見。
先生が変わらず踊り続けている。
劇場入り口に生徒一同から大きなお花!
お会いできなかったけれど先輩方々も変わらない仲間でダンスを続けているのを感じる。

そしてダンスとオイリュトミーの違いについて考える。