メルヘンオイリュトミー

2019年11月1日(金)、オイリュトミー公演に出演いたします。
今回はじめての「メルヘン」へのチャレンジ。

子どもに贈りたいメルヘンオイリュトミー
やまなしもぎ

2019年11月1日(金) 15:30 開演
くにたち市民芸術小ホール 地下スタジオ
アクセス→https://kuzaidan.or.jp/hall/access/

「メルヘン」とはなんぞや?
グリム童話(赤ずきん・白雪姫・シンデレラ・・・)が有名ですが、これらはグリム兄弟による創作ではなく、ドイツの昔話を収集したものです。
王様・お姫様・魔法使いが出てきたり、動物がしゃべったり、、、子供向けの空想物語と思われがちですが、実は成立年代は古く人類の意識の発達と関連づけられて語られるべきものである、とシュタイナー系の書籍からは読み取る事ができます。

ただのお話をそんな難しく捉えなくても、、と考えていた私ですが荒唐無稽なただのお話であれば語り継がれて現代に残りはしないでしょう。メルヘンには何か大事な意味がある。人間には古代から何か「そうあるべき類型」がある。そして大人の抱く意図に捉われない子供時代にこそ、古代からの人間のあるべきメッセージを受け取って欲しいと思うのです。

私は余計なサービス精神に溢れた人間ですから、子供達にメルヘンそのものを届けるには邪魔になるものを沢山かかえています。お話をわかりやすく「表現」「かたち」にしてしまいがちです。しかしメルヘンはおそらくストーリーを情報として形として伝えることを目的としていません。メルヘンのアニメ化などはおそらく最も避けられるべきです。

私の幼い頃の記憶では、、ビー玉の色の違いによりそれぞれのビー玉王国が立ち上がっていましたし、夜カーテンの隙間からは黒くてもじゃもじゃのお化けが覗いていました。勝手に次々と浮かび上がったイメージ&ストーリーであり、何かに影響されたとはちょっと考えられません。子供時代はおそらくそれほどに想像力豊かなものです。大人が必要としている分かり易いイメージを付加しなくても彼らはお話そのものに反応し、それぞれのお話を紡ぐ筈だと、自分の記憶を辿る限りではありますが確かにそう思うことができます。

子供たちにお話の裏に流れる本当のメッセージを自由に受け取ってもらえるよう、私は文楽の人形のようでありたいと思います。人形は表情を変えないのに見ている人々はそこに怒り・悲しみ・喜びを投影します。

あらゆるイメージを投影できる身体。見ている誰もが自分を映す事ができる身体。それこそは今回目指すべきメルヘン身体です。オイリュトミーというよりは舞踏的身体かもしれません。現時点では確かにそう思うのですが、正しいアプローチを知らないので未来において完全に撤回される可能性が、、、かなりあります。

公演詳細情報←こちらをクリック
こうもりクラブ主宰野口泉さんのブログより

藤野BIO BOX定期便 9月分

藤野のBIO BOX定期便 9月分のご紹介!

夏野菜の他、ブローチ・飲み物が特徴的。

今回のラインナップ
 1. オリジナルブローチ
 2. オクラ
 3. じゃがいも(キタアカリ)
 4. イタリア丸茄子
 5. モロヘイヤ
 6. カラフルピーマン
 7. ごぼう
 8. ミント入り甘酒
 9. ジンジャーエールスパイス
 10. 炭酸水
その他特別プレゼントとして、新生姜・エゴマの葉・青シソ!

新生姜に味噌をつけて。実はこの味噌、藤野の丸大豆で3月に仕込んだものです。ちゃんと味噌になりましたよ!
オクラ・青シソ・例の手前味噌を利用して冷汁に。ご飯がさらさら進みます。
エゴマの葉には豚バラとキムチ
ゴボウは軽く出汁で煮た後、片栗粉をつけて揚げました。これ大好物。
ジャガイモは厚切りベーコンと。バジルペーストであえました。
丸茄子は初めて。カラフルピーマンと共にお勧め通りカポナータにチャレンジ。
モロヘイヤはシンプルにおひたし。

バットディテクター、機能する。

例のワークショップで作成したバットディテクター。
鍾乳洞に出かけたましたがコウモリに出会えず動作未確認状態が続いていました。こうなりゃ絶対にコウモリが出没するあの場所に行きましょう。

あの場所とは「東中神駅」です。昭和記念公園が住処なのか、過去に最もよくコウモリを見かけた場所です。
日没を待ちます。
変な機械のイヤホンを片耳につけてうろうろ。
人の目には完全に盗聴している不審者としか映らないでしょう。

日が暮れてきました。
カラスがおうちに帰ります。
またカラスだ。
綺麗な夕焼けじゃあ!

とうとう来ました!アブラコウモリです。
バットディテクターを向けると、、

『チチチチチ、、、』
『キキキキキ、、、』
とはっきり彼らの声が変換されて聞こえました!
感動的です。
観察するうちに彼らが昭和記念公園とその周りの空き地を餌場としているだけで、住宅の方からやってくることを突き止めました。いったいどこに住んでいるのでしょうか。

イヤホンジャックにICレコーダーを繋げば録音も可能かと思います。
今度は録音して音をお届けしたいものです。

ちなに今回は蚊除けのアロマオイルを用意したのですがやっぱり蚊にさされました。帰ってよく見たらスイートオレンジのボトルでした。シトロネラを持って出たつもりだったのに。

みかみの夏休み2019 その2:不二洞(群馬県)

鍾乳洞第2弾。
群馬県多野郡上野村にある不二洞へ行って参りました。

まずは湘南新宿ラインで高崎手前の新町まで参ります。
ここまでは簡単。
ここからバスで上野村役場を目指しますが、なんと133分!

不安を煽る本数の少なさ。
バスは神流川(かんながわ)沿いをひたすら進みます。大きなダムが急に見えてきました。ダムって異様な圧力がありますね。
吊り橋も何本か見ました。
上野村役場入口で下車。絶対決めた時間に戻らねばなりません!
ここからは徒歩で参ります。神流川を渡ります。渓流釣りを楽しむ人がちらほら。
看板でた!あと2km。車じゃなんでもない距離ですけど。
振り向けばこんなに登ってきました。遠くに道路が見えます。
やっと着きました。
やっと着いたのに入り口までまた坂です。。
入り口が見えた!なかなかの吸引力。
どどーん!肝試しスポット的な威圧感があります。
扉を開けて、未知の世界へ!

静かで良い鍾乳洞でした。そして起伏に富む複雑な構造。「関東最大級」と謳われておりましたが、特別大きな空間はありませんでしたので中程度の大きさという印象です。しかし鍾乳洞の大きさというのは果たして長さなのか?容積なのか?観光客に解放されていない部分も含むのか?いろいろ疑問が湧きました。調べて見なければなりません。
今度こそコウモリを!と思いましたが出会えず。。

出口です。一気に暖かい温度に。
鍾乳洞入り口に戻るまでのこの道が怖すぎます。どえらい傾斜によくも歩道をつけたもんだ。右に転げたらおしまいです。
道の途中にガマガエルがのぞいています。まったく動きません。

鍾乳洞入り口の向かいには「上野スカイブリッジ」なる大きな吊り橋が!どうせですから行きましょう。

でかい!
ナイスビュー!
ちょっとしたスリルでした。

目的を達しましたので昼過ぎにはもう帰宅モード。地ビールを飲んで下山です。ここが大人の遠足の良いところです。しかし徒歩の人にはとうとう一人も出会いませんでした。確かに夏に40分徒歩を選ぶのは酔狂かもしれません。

下山中。太陽の位置が変わりまた違った印象です。
どうせなので次のバス停まで足を伸ばしましょう。あれ!先ほどのスカイブリッジが見えます!あんなに高いところにいたのですね。

道の駅付近で蕎麦を頂き、無事に帰りのバスに乗りました。

ミニバスの「かんながわ号」。行きは乗客3人、帰りも5人程度でした。
夕暮れのJR新町駅。ひと安心。

バジル水耕栽培その後

報告を忘れていましたが、
すでにこんなになりました!

太陽のもとで育った藤野の野菜と比べると味はケミカルな気がしますが、新鮮な香りを料理に加えることができて重宝しております。
ペットボトルを利用する方法がメジャーですが、私は上記の方法を採用しました。
ガラスカップと100円ショップで購入したネットです。
難点はネットが軽くてバジルが大きく育つと、倒れてしまうこと。
軽くするためにもだいぶバジルの切り戻しをしましたが、まだ重い。
今後の課題です。

肥料はこちら。ケミカル?

みかみの夏休み2019 その1 竜ヶ岩洞(浜松市)

竜ヶ岩洞(浜松市)
日帰りで行けるということでこちらを選びました。

新幹線で浜松へ。
浜松からバスで「竜ヶ岩洞入口」バス停までアクセスすることもできますが、電車が好きな私は遠鉄(遠州鉄道)そして天竜浜名湖鉄道を経由することにしました。

遠州鉄道「新浜松」
全然知らない地名が並ぶ
車両は赤!
街中単線です。
さて、西鹿島で天竜浜名湖線へ乗り換え。こちらも単線、そして1両でやってきた!
こちらは野趣あふれます。トンネルも多く、伸びに伸びた枝がガンガン車両に当たりますよ!
金指駅
バスで竜ヶ岩洞入り口へ

バスを降りた途端、嫌な予感。誰かがマイクでしゃべっている音がします。しまった。イベント系鍾乳洞か?

車も人もいっぱいだー
家族連れもいっぱい。

夏休みイベントの真っ最中。洞内混雑のため途中立ち止まっての写真撮影が禁止でした。
竜ヶ岩洞一番のスポット「黄金の大滝」は洞内なのに落差30m。大変素晴らしいものでしたが、ゆっくり鑑賞できず残念。

写真が撮れなかったのでお土産にハガキを買いました。
パンフレット
足湯ならぬ足水がありました。せっかくなので土産物屋で専用タオルを購入してトライ。うぎゃー!劇冷たいです。しかし後から逆にポカポカしてくるように感じました。
小高い丘から全体像を望む。やっぱり謎のカラオケが流れております。

夏休みの混雑でコウモリに出会えるどころではありませんでした。
残念ですがこれはこれで「ザ⭐︎観光鍾乳洞」と申しましょうか。。どんな旅も楽しいものです。

帰りはバスで再び金指駅を目指し天竜浜名湖線で終点掛川まで行くことにしました。

電車がやっぱり好きだなあ!橋に興奮。
トンネルだあ!トンネルに興奮。
川だあ!川に興奮。
掛川に着きました。あとは新幹線なので安心です。

 

藤野BIO BOX定期便 8月分

藤野のBIO BOX定期便 8月分のご紹介!

お野菜の他、小皿までやってきた。

今回のラインナップ
 1. たかきび
 2. ビオ市オリジナル陶器(小皿)
 3. 空芯菜
 4. バジル
 5. トマト
 6. 玉ねぎ
 7. ピーマン
 8.  切り干し大根
 9.  トマトゼリー

ビオ市小皿にトマト。
空芯菜炒め。中華料理店の味と歯ざわりを目指して強火で短時間調理。
レモンバジルは香りが独特で難易度高め。タイ料理・ひき肉のサラダに仕上げました。
スープカレー。ピーマンが合うのです。ご飯にはたかきびを混ぜました。
ピーマンの肉詰め。見た目はいまいちですがピーマンの甘みと肉汁が相まって素晴らしいお味に。

バットディテクター製作教室

バットディテクター(コウモリ探知機)が欲しい。

Amazon等で探すも「現在はお取り扱いがありません」の表示ばかり。
どうしたら入手できるのか、海外から個人輸入なのか?等考えていたところ朗報が舞い込みました。

これは!行きましょう!

東洋蝙蝠研究所
http://www.abri.or.jp

しかし「こうもり博物館」は奈良県。。
無茶なことに日帰りを計画。
京都から電車を乗り継ぎ乗り継ぎ「笠置」へ行きましたよ。

関西本線、とはいえワンマン2車両。乗降口をチェックしておかないと「降りられない!」なんてことになりかねない。
単線!トンネルだ!
奈良県は緑が濃い気がします。
駅から10分ほど歩いて到着

コウモリ博物館の中は、学校の図工室の様な雰囲気。
真ん中に作業机が並べられバットディテクター作製準備スタンバイ、壁側にはコウモリの標本・解説・その他コウモリグッズが所狭しと展示されていました。

ご挨拶・見学もそこそこにはんだ付け練習がスタート。
10時開始ですがはんだ付け練習&実際の製作には5時間以上を要します。
関西本線は1時間に1本しかなく日帰りを予定していた私は必死で取り組みました。

写真を撮るのも忘れてひたすらはんだ付け。
回路の意味も分からずひたすらはんだ付け。

細かい作業は得意な方なのですが、なかなかコツがつかめず。。。

このカラフル抵抗達をひたすらはんだ付け。さらにこれからコンデンサーをつけねばなりません。

そこへ研究所で保護されたアブラコウモリの赤ちゃんが登場!
私はコウモリに触れるのは初めてです!ふわっふわの毛でちっちゃくて可愛いらし過ぎます!


バットディテクターのはんだ付けが終われば彼らの声を聞くことができると伺って昼食もそこそこにやぱっりひたすらはんだ付け。

さて、私の組んだディテクターですが最終チェックで調節ダイヤルをまわしても低いヘルツにチューニングすることができず時間切れ。
大変心残りですが先生にお預けして笠置を去ることになりました。
調整後、後日送付して下さる予定です。

笠置駅の横を流れる木津川にかかる橋。そろそろ夕焼けに染まりそう。この日はたまたま笠置のお祭り。駅には出店が立ち、河原には色とりどりのテントが張られて花火大会の開始が待たれます。
笠置よ、さらば。またコウモリ観察にいつか来るぞ!

●後日、無事に届きました!
コウモリ博物館の皆様、バットディテクター製作の先生、本当にありがとうございました。
これは、試さなくては!
近いうちに洞窟に出かけることにしましょう。

配送スタッフの方は不審に感じなかっただろうか?

 

ハンセン病資料館を訪ねる

電車内で見かけた翡翠色のポスターにただただ惹かれて「ハンセン病資料館」へ。
*企画展は終了しています。

ハンセン病といえば数年前に読んで衝撃を受けた「北條民雄」著作の私小説「いのちの初夜」が蘇る。
肉体は腐り崩れていくなか精神は純粋を保つことができるのか。療養所で生きる人々の命はグロテスクと美を同時に併せ持ち得体の知れない輝きを放つ。
その小説の印象とこのポスターの翡翠色が完全に重なり「これはいかねば」と思い込んだのであった。

とはいえ絵画展ともあって気軽に出かけた。
場所は東村山市。西武池袋線の駅からバスを利用してアクセスすることもできるが、武蔵野線:新秋津駅から徒歩20分を選択した。(暑いのに)

地図を確認したところ公園の一角にあるようだ。資料館を目指して緑地に足を踏み入れたのだが、、

不思議な静けさを持つ森。そしてなんだか注文が多く独特の空気感。あれ?入ってよかったのか?

「ハンセン病資料館」が見えてきて安心するが、ここは公園ではなく「国立療養所多磨全生園(ぜんしょうえん)」の敷地内であることを知る。

お目当ての絵画展は小さな企画展であった。すべて入場無料。
全生園の存在も知らずまたしっかりした常設展があるとも調べずにひょっこり来てしまった。そこでまずは休憩がてら概要を知ろうとちょうど映像ホールで始まっていた全生園入所者の体験談DVD鑑賞に滑り込むが、これがショックな内容であった。

・矯正収容
・不妊手術
・監禁
・特効薬が開発されたにも関わらず、法令整備が遅れ人権侵害や差別が続く、、、

全生園はまさに北條民雄が生涯を終えた舞台であった。想像を絶する療養生活と精緻に描かれる心の在り様をどこか崇高な異世界のことの様に捉えてしまっていたようだが、臨場感ある体験談に加えこの7月にハンセン病国賠訴訟の控訴を国が見送ったとのニュースを知り、小説の世界と現在がやっと繋がったのだった。

さらに常設展を受け止めるのはひょっこり訪ねた私には重すぎたので通り過ぎるに留めた。また改めて出直そうと思う。

展示の最後に見た療養者達による絵画展のおかげで頭がやっと情報から解放された。
お目当ての翡翠色の絵の題名は「アマダイ」。
なのに頭に飾りがついて胸鰭・尾鰭も魚のそれではない。
闇の中の光のイメージがぴったりである。

●全生園の散歩道
http://www.hansen-dis.jp/06vst/tamazenshoen_map

●いのちの初夜 北條民雄著
私の中で勝手に翡翠色の表紙に置き換わっていたのだが、読んだ角川文庫の表紙はこちら。全然ピンクではないか!自分の記憶の適当さに驚いた。思い込みも甚だしいがやはり小説の印象は翡翠色である。

 

 

 

遊動する身体 第5号 2019.8

この度「遊動する身体」にオイリュトミー鑑賞記録を寄稿する機会を頂いた。

西田隆重氏とは2017年発足「コウモリクラブ」の活動を通して知り合う。
西田さんは神奈川労災職業病センター職員としてアスベスト問題に取り組んできたが同時に気功・オイリュトミーを学びさらに渡独までしてオイリュトミー療法の取材をした経歴の持ち主であり、季刊誌「遊動する身体」の発行人でもある。

「遊動する身体」という冊子はそういう訳で気功・オイリュトミーに携わる人々への取材・研究レポート・舞台鑑賞記録等から構成される稀有な出版物である。

昨年とあるオイリュトミー公演を拝見した際にたまたま席が隣合わせになり、それが縁で今回公演鑑賞記録を寄稿する運びとなった。
感じた通りに、でも人を傷つけない様に、好き嫌いの判断で終わりにするのではなく何故私がそう感じるに至ったのか真剣に考えて文章にしたつもりだが、冊子ができあがり同じ誌面に並んだオイリュトミストの諸先輩方の文章を確認した今自分の未熟さを痛感した。それほど先輩方の文章には人間の深みと温かさがあった。

とはいえ深みは出そうとして出るものではないのだ。仕方ない。
今の私を映す機会を与えて下さったことに感謝したい。

問い合わせ
季刊誌「遊動する身体」
https://sites.google.com/site/youdongsurushenti/home
発行所       辻  堂  出 版
〒251-0047  藤沢市辻堂 3−3−27
TEL  0466-36-6854, 090-6537-6943
E-メール 4058649191@jcom.home.ne.jp