月下の弧ズ人

オイリュトミー公演のご紹介です。

リハーサルを拝見いたしました。
名曲・大曲揃いです。
そして公演名の由来でもあるバルトークによる「Kossuth」。
陰陽あわせもつ謎めいた旋律。
一体どこへ連れて行かれるのでしょう?
 
日時 ●2018年4月22日(日)開演19:30 (開場30分前) 

チケット ●前売り¥2500 当日¥3000 学生¥1500(前売りのみ)
場所 ●国分寺市立いずみホール(JR西国分寺駅南口 徒歩1分)
予約 ●tenshi_4th_reserve@
お問い合わせ ●09018374285(ヤマグチ)

国分寺「AMAN KITCHEN」

とうとう国分寺にも南インド料理店がやってきましたよ!

ランチミールス
 カレー(キーマを選んだ)
 サンバル
 ラッサム
 ポリヤル(ジャガイモと、、なんだか忘れた)
 バトゥーラ(プーリーとそっくりだが?)
 チャツネ
 ピクルス
 ライス(日本米)
 最初にサラダ・最後にチャイもついたっけ。

サンバル・ラッサムがかなり甘い。
ベジタリアンが食事をリッチにするのに砂糖を多く使うと読んだことがあったので、そういった地方の出身シェフなのか?と思い尋ねてみたところデリー出身とのこと。にわか知識がはずれる。
有名なホテルで勤めた経験を生かし、北も南も得意だそうです。
なんとビリヤニもありましたよ。

 
 

原一男監督「ニッポン国 VS 泉南石綿村」

原一男監督によるドキュメンタリーを見ました。
8年間にわたりアスベスト裁判を追い続けた全記録。
長期にわたる裁判です。原告がばたばた死にます。
泣いたり怒ったり、それでも笑ったり。
4時間(途中休憩有)もありますが、全く飽きませんでした。
渋谷ユーロスペースにて、しばらくは13:00より上映中です。

自分が本当に何も知らずに能天気に生活していることを痛感します。
どう考え、どう行動すべきかを問われたように感じました。
そうそう答えなど出ませんが、
ちゃんと生きようと、今はただそれだけ思います。

池袋北口「Great India」

シーク・カバブ
タンドリー・チキン
サグ・プラウン
ガーリックナン
マサラチャイ
(ビールも飲んだ)

カウンター8席でキッチン丸見え。
ひとつのフライパンで次々にカレーを作っていく様子を見てると楽しくて楽しくて時間を忘れます。
ベースの仕込みが大事。ギー、そして牛乳も頻繁に使っています。それでカレーがこっくりと出来上がるのですね。
小さい店なのにちゃんとタンドールが設置されています。
気軽に訪ねることができそうです。
(シェフはどうやらネパール人。)

国分寺「もとまちプラザまつり」に参加いたします

もとまちプラザまつりに参加いたします。
(ひと作品、朗唱のみになります。)
普段からお世話になっている公民館のおまつりです。
40分弱の発表ではありますが先輩方のオイリュトミーを間近で体験するとことができ、私にとっても嬉しく貴重な機会です。
会場近くには武蔵国分寺跡を有する国分寺緑地、お鷹の道、真姿の池湧水群があり、桜の季節ともあって見所がたくさんです。

第5回「もとまちプラザまつり」
平成30年 3月 25日(日) 9:45~15:30
於 国分寺市 もとまちプラザ

2階体育室では様々な発表があります。
プログラム
9:45~ 開会宣言
10:10~ 自立生活体操クラブ、健康体操クラブ
10:55~ 国分寺剣友会、真向法体操、甲源一刀流、少年剣道基本稽古
11:40~ もとまち太極拳
11:55~ ハワイアンダンス
12:15~ (休憩)
13:00~ もとまち吟詠会
13:20~ オイリュトミー
14:05~ 国分寺太極拳 一楽会
14:40~ 国分寺ジュニア新体操クラブ
14:55~ 三多摩アコーディオングループ
15:30~ 閉会挨拶

その他、お茶席、けん玉・コマ回し・スポーツ吹き矢の体験、パソコン相談、句や書道の展示もあります。
あまざけ無料・やきそば200円ですって!

 

麹町「AJANTA」

マトンカレー(AJANTAの真髄)
パラックパニール(ホウレン草とカデージチーズ)
本日のラッサム(トマト&にんにく、だったかな?)
ライス(日本米だった)
マサラチャイ

日本人シェフの日本人シェフによるインド料理ファンのためのイベント「LOVE INDIA」。素晴らしいシェフが揃っています。
そして参加シェフは麹町「AJANTA」出身が多いので、「AJANTA」は私の憧れの店なのです。
マトンカレー:かなりの安定感。
パラックパニール:色が濃い目で味わいも焦がし風味というか苦味というか。この味は初めてです。ブレッド系で食べるべきだったな。
ライスをおかわりしてしまいお腹がパンパンでした。

こうもりクラブ:主宰が取材を受けました!

こうもりクラブ主宰:野口泉氏が「Be iNSPiRED!」というウェブマガジンの取材をうけました!

↓以下が記事へのリンクです。http://beinspiredglobal.com/interview-izumi-noguchi

下記が「Be iNSPiRED!」 のコンセプトです。

「GOOD SOCIETY」を
読者と築く時代に切り込み、
アクションを生む東京発の
ソーシャル・クリエイティブマガジン。
世界中で起こる「社会変革のストーリー」を
独自の視点で切り取り、
日本の若者へ届けます。

なんかひと味違うエッジのきいた記事を取り上げている、という印象です。
野口さんもイメチェン。自由な感性。
当事者でありながら重くなりすぎることの無いよう
アスベスト問題を語っておられます。

 

月食

月食をベランダから見る。
寒いので15秒見ては室内に引っ込む。
全然観察になっていない。
地球の影が月にうつっている、という現実が不気味に感じる。
地球の影は3時間以上も月の上に留まる。
その影のデカさがさらに不気味。

と感じたのだが以下の動画を見て、考えが変わる。
ちっぽけな地球の影が月にうつるということ。
それは奇跡的なことなのかもしれない。