藤野BIO BOX定期便 2020.6月分

藤野のBIO BOX定期便2020.6月分のご紹介。

東京アラートの中、届けて頂きました。

今回のラインナップ
 1. ワックスバー
 2. サニーレタス
 3. にんにく
 4. グリーンピースのマクロビスナック菓子
 5. パクチー
 6. ミニ人参
 7. かぶセット
 8. たまねぎパン
 9. ルッコラ

サニーレタスはえびアボカドサラダにしました。ゆで卵にマヨ仕立てでボリュームがあります。
今回のにんにくは『生』で届きました。普段流通しているにんにくは5~6月の収穫後にしかっり乾燥させたものであるそうな!初めて知りました。とれたてのにんにくをお勧めに従ってまずはホイル焼き。舌の上でトロけました!
『生』にんにく、これまたお勧めに従ってアヒージョ。やはり驚異のトロける柔らかさ。 そら豆は皮を除くべきだった。。
たまねぎパンはアヒージョと共に。これはしっかりしたドイツパン?旨味が濃縮されています!
ルッコラはマッシュルームの薄切りを添えてサラダに。オリーブオイル・塩だけでしっかり美味しい。
炙りしめ鯖とパクチーのサラダ。ドレッシングはナンプラー・レモン汁・オリーブオイル。 買って来たしめ鯖をガスバーナーで炙ったので香りがたちます。ご馳走です。
ほうじ茶風味のきび糖ピーナッツ、そしてグリーンピースのスナック。歯ざわりよし、味よし。ナチュラル志向のおやつの作り方を勉強しよう!
かぶとチキンのカレー、ミニ人参のウールガイ、米ナスのアチャール。白・オレンジ2色のかぶだったのにカレーにしてしまいました。見た目はともかくアチャールをミックスしながら美味しく頂きました!南インド風。
ミニ人参のぬか漬け。漬け時間が長くて彩度が落ちましたが、人参の味しっかりしてます!
ワックスバー。 たべものではありません。アロマオイルで香りづけされた蝋です。 虫除けの為に玄関に、そしてコウモリ観察のお供に。香りが弱くなったら溶かし直してロウソクに再生可能とのこと。

藤野BIO BOX定期便 2020.5月分

藤野のBIO BOX定期便2020.5月分のご紹介。

静かな静かなゴールデンウィークに届けて頂きました。
緑がもっさりです。

今回のラインナップ
 1. ドライパイナップル
 2. みつろうラップ
 3. 春の山菜
 4. 春菊
 5. レタス
 6. 筍の炊き込みご飯の素
 7. 人参間引き菜(サラダ用)
 8. 小カブとほうれん草のセット
 9. 清見オレンジ

実ははじめてワラビのアク抜きをしました。木灰に熱湯を注いで一晩。
真っ黒の水になったんですよ。洗って洗ってやっとこんな感じ。
ワラビ、そして人参の葉の天ぷら!
間引き人参も天ぷらに。甘くて最高。
ワラビはお揚げと煮ました。
人参の葉にキクイモのぬか漬けみじん切り、クルミを加えました。
レタスには、ゆで卵、オリーブ、モッツァレラチーズを加えてサラダに。
春菊はベーコンを加えてごま油風味のおひたしサラダに。
間引き人参のぬか漬け。なんて綺麗な色なのでしょう!
小カブの塩麹和え。
ほうれん草は胡麻和え。味が濃いなあ!
筍の炊き込みご飯。鶏肉とやわらかお揚げと薄切り筍がたっぷり!
ドライパイナップル。甘みがぎゅっとつまってます。

ミツバチ観察 その5(一応、最終章)

その5(一応、最終章)
(外出の自粛もなかなかつらいものです。)

ミツバチを探して下ばかり見ていたのだが、調べたところ樹木がその蜜源(この言葉もミツバチ専門用語)の多くを占めているらしい。
上を見れば散った後のモミジの花が沢山。最盛期にはモミジ担当組もさぞ隆盛を極めたことだろう。
これからは上を向いて歩こう。


彼らは動きが素早く、その形態の観察は難しい。

アブは羽が2枚であるのに対し、ハチは羽が4枚。
アブは眼が大きいのに対し、ハチは小さめ。

アブ。のんびり止まっていることが多い。
ミツバチ。働き者で停止することは無い。

ゆっくり観察するために一匹くらい巣の周りに死体が無いものかと探していたが、働き蜂のおかげなのかいつも清潔に保たれている。

しかしある日3匹の死体が転がっていた。働き蜂より体色が黒く目が大きい。おそらくオスだ!

ミツバチのオスは働かず交尾に出かける生活。
交尾に成功すればその場で死に、婚期が過ぎれば餌をもらえず働き蜂によって巣を追い出されるという存在である。
何があったかは分からないが、、諸行無常。
(以下、苦手な方はどうぞご覧になりませんよう。)









ミツバチ観察 その4

その4
(外出は自粛しております。)

公園に巣を発見したので、公園の花々に注目すればミツバチは簡単に見つかると思っていた。

いない。いわゆるパンジー、デイジーが植え込まれた花壇には全然いない。

しかし、しつこく公園をうろうろすると小さな昆虫たちが見えて来るもので、、、ツツジの植え込みにてやっとミツバチをキャッチ。

見え辛いが花の奥でモソモソ
すぐに出てきては次の花へ向かう。

動きが早くて写真ではなかなか捉える事ができないが、ツツジの花の奥まで入り込んで何やらモソモソしてはすぐにまた次の花へ向かう作業を繰り返している。どうやら2~3匹のチームでやってきて一通り働いては姿を消すようだ。
    
そしてこのツツジ担当者達は後脚に花粉団子をつけておらず山椒担当やパンジー担当と比較してスマートに見えることも気になる点。

担当部署が完全に決まっているのか?
巣が違うのか、種が違うのか?
謎は深まるばかり。。。

ミツバチを探しているうちに、目が開けて来るもので、多くの小さな生き物が花の陰に隠れているのに気づいた。
植物と昆虫(蜘蛛も)は本当に仲良しなんだなあ。
(昆虫・蜘蛛が苦手な方は以下はご覧になりませんように。)








クロバエの1種?
ナミテントウ
??
ツマグロオオヨコバイ
テントウムシの幼虫
ヒメマルカツオブシムシ
ネコハエトリ、オス?

 

ネコハエトリ、メス?
??

 

 

 

 

 

ミツバチ観察 その3

その3
(決して毎日出歩いているわけではない。)

よく晴れている。山椒の花にミツバチが戻ってきた。
本日はゆっくり観察が可能であった。

尚、彼らを後を追って巣を突き止めようと考えていたが、全く不可能。あっと言う間に物凄いスピードで飛び去り、視界から消えてしまう。

天気も良いので少々足を伸ばして公園へ。
なんとラッキーな事に公園の入り口に三角コーン、木には「ミツバチに注意!」の張り紙が!

ブンブン飛んでいるのだが通行人はまったく気にしていない様子。というかハチが大変に素早く人間と絶妙な距離を保って飛行しているので目にも入らないのであろう。あの人もあの子もハチがいると知ったらキャー!と叫んで逃げそうなものを。

いや、私も張り紙が無ければ全然気づいてなかったし。
すごいぞ、ミツバチ!

ミツバチ観察 その2

その2
(毎日出歩いている訳ではない。)

曇り。山椒にミツバチの姿はない。

しかし異なる地点にてパンジーにて花粉を集める個体を発見。

あれ?
山椒担当のミツバチと比べてふっくらしてるし、花粉玉の形状も違って縦長ですね?

またネット検索。
ニホンミツバチとセイヨウミツバチがいる?

この辺りに養蜂家なんぞいないと思うので、どちらもニホンミツバチだとは思うのだが。。
いや、パンジー担当者はオレンジがかっており、腹のしましま具合もセイヨウミツバチの特徴に近いか。。いやとにかく素早くじっとしていないので分類は無理。

いったい何処からやってくるのだろう?

ミツバチ観察 その1

外出が減った。
ゆえに貴重な外出の際には周囲を新たな感覚で、興味を持って見つめる癖が身についたらしい。春ですし。

その1
急に近所の山椒の花が目に飛び込んできた。山椒の花の存在に気付いたのは生まれて初めてである。繊細な黄色い花、と見えたが花弁は無く黄色い花粉を有した雄しべが集まる円錐花序。
さらにその花に2匹のミツバチがプーンと小さな羽音をたてながら忙しそうに花粉を集めていた。左右の後脚には花粉玉。トリミングをしたプードルの様で大変可愛らしい。

動きが早くじっとしていないので花粉玉をどのように形成しているのか捉えられないが、しげしげ観察した後帰宅。ネットにて情報を得る。

>働き蜂は全部メス。寿命は1ヶ月。

>若いメスは内勤。巣の中で子育てや巣作り。歳をとったメスがリスクの高い外勤を担い蜜や花粉を集める。

>山椒は雌雄異株。そういえば昨年実山椒を調理したが、まったく形状が違ったぞ。

こちらは雌花ですが、すでに花が終わって実山椒。

知らなかったことばかりで愕然。
俄然興味が湧いてきた!

動物ストール

春先に一目惚れして購入したストール。
可愛すぎるぞ!

謎の動物がいるので哺乳類の分類・系統樹まで確認したのですが、まだ謎は残ります。青っぽい2匹が特に分かりませんね。

しかしネコ目にイヌ、クマ、アザラシまでもが含まれることは今回の驚きでした。
鯨偶蹄目の存在に至っては目眩を覚えました。ウシ・シカと鯨が同じグループとな!?ウマの方が遠縁。

藤野BIO BOX定期便 2020.4月分

藤野のBIO BOX定期便2020.4月分のご紹介。
大変な状況下に多くの人の力を経て届けて頂きました。
手作りマスクまで頂き、本当にありがとうございます。
多くの情報に惑わされる中、料理に集中できる時間は貴重です。


今回のラインナップ
 1. 人参パン
 2. ケールセット
 3. 三宝柑
 4. ピクルス
 5. 手作りマスク
 6. ほうれん草
 7. サニーレタス
 8. ブロッコリー
 9. 人参
 10. 里芋

人参パンにサニーレタスと鴨パストラミ(お惣菜)を挟みました。
サニーレタス、ブロッコリ をサラダにしました。
ケールのミモザサラダ。人参パンもクルトンとして加えました。ヨーグルトソースです。
人参スティック。ヨーグルトディップ、流行ってます。
味が濃いほうれん草はパスタにしました。椎茸をプラスしてミモレットをトッピング。
まるまる人参スープ。自家製サルシッチャと一緒に。
頂いたピクルス。まさかのロマネスコ&ヤーコン。
里芋はカレーにしました。もちろんスパイスはアジョワンです。
三宝柑マーマレードです!苦味あり。