ブログなおざり。。。

かきたいことは沢山あるのに。
ちゃんとしようとすると時間がありません。

●梅図かずお先生にはまった。
●ロボットが気になる。
●ボス展に行った。
●パンチフォロンを再び用いてみた。

●こうもりクラブ、クラウドファンディング期限があと2週間だって!?

本日は以上になります。

アスベスト・中皮腫について知ってほしい!
こうもりクラブ:クラウドファンディング中
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

ひとやすみ:カレーを作りました

謎の小袋、パンチフォロンを購入。
「ベンガル料理」に使うマサラとのこと。ベンガル地方とは東インド・南ネパール・バングラデシュの総称。本来パンチ=5、フォロン=スパイス、の意味で5種類が混ざったものらしいが、今回購入したものは、以下6種のミックス。
・メティ
・アニスシード
・ブラッククミン
・ラドゥニ(英名:ワイルドセロリ)
・マスタード
・クミン     

打ち豆といんげんのカレー
オリーブオイル
パンチフォロン
ヒング
タマネギ
レッドチリパウダー

トマト
インゲン
打ち豆(水で戻しておく)

ココナツファイン
梅干し(タマリンドがめんどうだったから)
鰹節(モルジブフィッシュがないから)
ガラムマサラ

ベンガルスパイスを無理に南インド風に仕立てたがアニシードの甘い香りがたちすぎ。一晩冷蔵庫で寝かせたら香りは落ち着いた。豆は太っていた。
パンチフォロン、今度は魚に使ってみよう。

こうもりクラブ活動:アスベスト外来、芝診療所をたずねて

とある日、芝診療所を訪ねました。
芝診療所
こちらはじん肺・アスベスト外来があり、所長の藤井正實医師が担当されています。アスベストの権威である藤井先生とお話する機会に恵まれ、こうもりクラブの活動にご賛同頂きました。
藤井先生が「いつでも元気 2017.4 No.306」に寄稿された記事がこちらです。
けんこう教室 終わっていないアスベスト被害
2005年クボタショック以来、終わったことと忘れ去られがちなことを先生も心配されていました。

芝診療所は港区新橋にあるのですが久々に都心に降り立ったところ、一番初めに気付いたのはあちこちでガンガンと工事の音がしていること。郊外にいると気付きませんでしたが、2020年オリンピックに向けてなのかなんなのか「解体ラッシュ」という言葉がにわかに信憑性を帯びて感じられました。そして、こんな感じが普通の光景。。

 

 

 

 

もう、私にも分かるようになりましたよ。これは、使ってます。

正解。

(使っていることの事実はもう仕方ありません。こちらの現場ではきちんと調査し、対策をとる、と表示されています。)

というか、今解体される建築物はほぼアスベストを使っていると言ってよいのでは。築地だけじゃない。本当に今そこで使われているのです。使われた過去は見つめるしかない。しかししっかり対策をとれば人間の手で被害は止められるのです。はたらく現場のみなさんはきちんと自分とその家族を守れているだろうか。
まずは多くの人に知ってほしい。今はそれだけです。

アスベスト・中皮腫について知ってほしい!
こうもりクラブ:クラウドファンディング中
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

 

映画「ハンナ・アーレント」をみました

2017年春よりアスベスト問題に関わる事になり、いろいろ調べ始めたところ最初に出会ったのが、実は「ハンナ・アーレント」(2013年、秋、日本公開)。
やっと映画を見る機会が来ました。
映画「ハンナ・アーレント」公式サイト

実際の歴史はそう単純ではないかもしれませんが、「アスベスト問題は国が引き起こした」と言ってよいと私は考えています。
ヨーロッパ諸国でアスベストが健康被害を引き起こしていることを知りながら、経済発展を優先してアスベスト輸入を決定、建設業界に使用を奨励したのです。
しかしこの時の「国」というのは一体誰を指すのでしょうか?

この映画ではナチスによるホロコーストにおいて指揮を執ったアイヒマンの裁判が描かれています。その姿はアーレントが指摘したように、実に真面目な公務員。アイヒマンは「国」の決定に忠実に従ったのです。

誰が最初にアスベスト使用を言い出したのかは知りませんが、その決定に忠実に従い政策を押し進めて来た結果、アスベスト問題を生むことになりました。現在行われている裁判でも、「国」を守る為にひとりひとりが真面目に働いているのでしょう。自分が「悪」であるなどとは微塵も考えずに。

2013年9月12日に西国分寺で行われた講演会より
高橋巌先生の言葉
「私は悪魔だ」と思えるということ。これが次の時代への準備である。

内容としては大変考えさせられましたが、映画としてはラストちょっとずっこけました。

アスベスト・中皮腫について知ってほしい!
こうもりクラブ:クラウドファンディング中
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

 

 

 

ひとやすみ:稽古に向かうまえに

立川駅、駅構内の焼そば屋:長田本庄軒
こうもりクラブメンバーから美味しいと聞いて行ってみました。
はじめは「ふーん。悪くはないけどね?」程度の感想だったのですが
いつの間にか立川駅乗り換えを楽しみにしている自分がいます。
青のりがついていても許してください。

「オムそば」がおすすめ。卵3つも使っています。
たまにチーズトッピング。
店の前に行列ができていることも!


長田本庄軒 ecute立川店:食べログ→http://bit.ly/2vMQy7U

アスベスト・中皮腫について知ってほしい!
こうもりクラブ:クラウドファンディング中
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

こうもりクラブ活動:ご支援窓口「ゆうちょ口座」を用意しました!

こうもりクラブよりお便りです。

「支援したいけどクラウドファンドサイトにログインできない!」
という方へ、《ゆうちょ口座》をご用意いたしました。

【こうもりクラブ】クラウドファンディングが始まって一ヶ月が経ちました。

「静かなる時限爆弾・アスベスト問題と中皮腫について知ってほしい!
呼吸と仕事をテーマとした公演」
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

みなさま、暖かいはげましのお便りとご支援をありがとうございます。

ガラケーをご使用の方から、クラウドファンドサイトにログインできないというご連絡を多数いただいております。

そこで《ゆうちょ口座》からもご支援いただけるようにしました。

振込先 ゆうちょ銀行
記号 10050 番号 49833101
名義 ノグチ イズミ

金額は1,000円〜でお願いいたします。
ご入金後、koomoriclub@gmail.com までご住所・ご氏名をご一報ください。

『こうもりミニ図鑑』を発送させていただきます。
(もちろん金額に応じて各種特典もご指定いただけます)

どうぞよろしくお願いいたします。

こうもりクラブ(野口泉)
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

こうもりクラブ活動:おしごとは呼吸すること」チケット取り扱い開始!

お知らせが遅くなりましたが
オイリュトミー公演「おしごとは呼吸すること」
チケット取り扱いを開始いたしました。

クラウドファンディング継続中!>>https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub


オイリュトミー公演 『おしごとは呼吸すること』

2017年11月22日(水)
開演/19:00 (開場は30分前)
場所/座・高円寺2

<チケット>
一般前売 3,000円
一般当日 3,500円
U23割引 2,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

当公演は【中皮腫・アスベスト疾患患者と家族の会】へ無料鑑賞チケット50枚を提供します

チケット前売開始 9月1日(金)

<お問い合わせ/お申し込み>
koomoriclub@gmail.com
080-4206-0392
(こうもりクラブ)

人間は1分間にほぼ18回の呼吸をする
一日は4分間の360倍
25,920回の呼吸のプロセス
私たちが行う360回の眠りと目覚めの繰り返し

構成・演出:野口泉
オイリュトミー: 野口泉 三上周子 清水靖恵
リーディング : 甲田益也子 × 灰野敬二
ピアノ:橋本祐子 島岡多恵子
照明 : 小駒豪
音響 : しのっぺん
宣伝写真/映像制作 : 梨乃
楽曲提供:まついいっぺいあきつゆこ(「なつのぜんぶ」より “ 天狗の園 ”)

ロケーションコーディネイト:土屋拓人
ウェブ:しのっぺん
アドバイザー:梨乃

主催/制作 : こうもりクラブ
koomori.club
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

 

いきなりこうもり観察会

東中神駅舎より立川方面をのぞむ。白亜のビル群が夕焼けに染まるシャッターチャンスをしっかり逃した後の一枚。
(ニューヨーク、セントラルパークを彷彿とさせますよ。)

とある夕暮れ、稽古場に向かう時に、、

コウモリ大量発生現場発見!

地図に表示されない謎の空き地。。自衛隊の持ちものなんですかね?

映像は極めてよろしくないのですが、何かが飛んでいるのはご確認頂けるでしょうか?

目視にて視界には常に10匹以上確認されます。バットディテクターがあれば彼らの超音波もキャッチできたことでしょう。いつか手にいれたい装置です。
鳥の翼は空から与えられたという印象を持ちます。一方コウモリは我々と同じ哺乳類。地上由来の翼で一所懸命飛んでいる姿は健気にさえ感じました。頑張れ、コウモリ。そして観察の結果、蚊に5カ所刺されました。コウモリのいるところ、それはエサである蚊がいるところでもあるのでした。観察時には是非、虫対策をおすすめいたします。

アスベスト・中皮腫について知ってほしい!
こうもりクラブ:クラウドファンディング中
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub