クラウドファンディング:あしながおじさんタイプ

クラウドファンディングにご支援頂き、誠にありがとうございます。

支援者の皆様から「本当に秘密に支援するには?」というお問い合わせを頂きました。以下の方法ですとメールアドレスの登録のみ、しかもお好きな金額にてご支援頂くことができます。
(素敵なグッズがお届けできないのは残念です。。)

https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub
※メールアドレス登録後の手順です

1,000円リターンを選択

●下にスクロールして「さらに応援する」にお好きな金額を記入
●銀行振り込みを選択

●内容を確認すると、応援額が記入したとおりになっています。
●あとは口座番号お知らせメールを待つだけです。

引き継きあたたかいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

 

「石の綿」をよみました

お借りして「石の綿」を読みました。漫画で読みやすいだけではなく、その情報量の多さに驚きました。ドキュメンタリー、ドラマ、歴史年表など数章に別れています。衝動のままに読んでしまいましたが、手元に置いて再度ゆっくり読みたい漫画です。残念ながら「かもがわ出版」さんでは在庫切れ状態。今こそ多くの方に読んで頂きたいのですが。
復刊ドットコムというサイトを見つけました。どなたか利用されたことはありますか?

こうもりクラブ活動:クラウドファンディング、スターーート!

クラウドファンディング!とうとうスタートです!
あたたかいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

こちらのサイトをご覧下さい 。
https://motion-gallery.net/projects/koomoriclub

クラウドファンディング?
「クラウドファンディング、実際に支援してみた」の記事へどうぞ→ここをクリック

ネットでつながっていくことに抵抗がある私ですが、この時代に何か皆様に伝えたい、何かやりたい、といった時にSNSは必須の道具でありましょう。使い方はへたくそですが自転車に乗る様にどうにか自分の理解と知覚が及ぶ範囲において情報の波を乗りこなして行きたいのです。
しかしサーフィンをする人には「海をなめるな」という鉄則があるように、情報の海もまたちっぽけな私を襲い飲み込むかもしれません。実際スマホ依存症になったこともあります。ピカピカした情報が脳に入ってきて脳内のディスクが回り初めて止まらない、あの感じ。。思考停止の気持ちよさ。
その経験を踏まえてよくよく考えて腹を据えてクラウドファンディングに挑みます。企画にご賛同いただき、ご支援頂けましたら本当に幸いです。独りで仕事をせずに皆で仕事することをやっと知ったこの頃です。

「共に働く人びとの全体の幸せは、一人ひとりが自分の働きの収益を自分のために求めることが少なければ少ないほど大きくなる。言い換えれば、その一人ひとりがこの収益を共に働く人々に分け与えることが多ければ多いほど、そして自分自身の必要としているものを、自分の働きによってではなく、ほかの人々の働きによって充すことが多ければ多いほど、ますます大きくなる。」
1906年 ルドルフ・シュタイナー  高橋巌 訳

クラウドファンディング、実際支援をしてみました。

2017.8.19 追記
こうもりクラブの場合、住所が必要なリターンが多いので銀行振込を設定しても住所の記入が必要であることが分かりました。
1000円リターンを選んで頂くと住所入力は必要ありません。「さらに支援する」の欄にご支援金額をご自由に入力することができますので、是非ともご支援をお願い申し上げます。

   メールアドレス登録のみでお好きな金額を支援
    あしながおじさんタイプのご紹介ページはこちら


実際に支援をやってみることに
コウモリクラブの活動資金を皆様からご支援頂きたい!
その為に「クラウドファンディング」という仕組みに参加いたします。
いよいよ公開がせまっているわけですが、はて、どういう仕組みなのだか、私自身もやったことがないので分かりません。
そこで、とあるプロジェクトを実際支援してみることにしました。

クラウドファンディングってどんな仕組み?
 —新しい資金調達のかたち—
資金を募りたい人がクラウドファンディングのサイトを通じて呼びかけます。
応援したい人が事前に資金を提供します。
プロジェクトの実現後、お約束した特典がプレゼントされます。

映画やアート、イベントの開催など様々なクリエイティブ活動に利用されています。

実際に、とあるプロジェクトを応援してみた
 —新規登録 > リターン選択 > 決済方法選択—

https://motion-gallery.net/
モーションギャラリーのサイトにて応援したいプロジェクトを探しました。
たくさんのプロジェクトが並んでいます。
いろんな人がいろんな事をやりたい、つくりたい。
そんな中から応援したいプロジェクトをクリック。
するとこんなページが現れます。
(写真はコウモリクラブにさしかえました。)

「プロジェクトを応援する」
という水色のボタンをクリック。
すると、新規登録のページに進みます。

赤で示した部分にメールアドレスを登録し、「登録する」をクリック。
すると登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きました。

赤で囲んだリンクをクリックです。
以下の会員登録ページに飛びました。

本名でもよいのですが
仮名の登録でも問題ありませんでした。
利用規約に同意するにチェックをいれ登録すると、、、

数種類あるリターンの選択画面になりました。
今回は試しに「2,000円 リターン」を選び、次へ進みます。

決済方法の選択画面になりました。
以下の3つを順番に試したところ、
●クレジットカード :カードの番号、期限、名前が必要
●銀行振り込み :メールに振込口座情報が届く
●コンビニ支払い :住所・電話の登録が必要
いうことが分かりました。
いろいろな情報の登録を避けるため、今回は銀行振り込みを選択。

こうもりクラブの場合、ご住所にお届けするリターンを選択しますと、いずれの支払い方法でも住所登録が必要になります。1000円リターンを選んで頂くと住所入力は必要ありませんが「さらに支援する」の欄にご支援金額をご自由に入力することができますので、是非ともご支援をお願い申し上げます。
メールアドレス登録のみでお好きな金額を支援
 あしながおじさんタイプのご紹介ページはこちら

内容を確認し「予約する」ボタンをクリック。

予約完了です。
ここで応援コメントを入力することもできました。
さて、メールをチェックすると

メールが来ておりました。
以下、リターンの内容、振り込み口座・振り込み期限などに関しての情報が続きます。
後日、振り込み口座に振り込みを行いました。この時に私は焦って現金振り込みではなくキャッシュカードを使ってしまったので、折角仮名で登録したのに本名で振り込みしてしまいました。
(こうもりクラブにご支援頂く場合、リターンをお届けするのに住所・お名前が必要となる場合がありますので、本名でも決して失敗ではありません!)
振り込み後、その当日にすでにメールが来ており、振り込み完了を感謝する内容を頂きました。
これにて支援完了です。ふう。
あとはゆっくりリターンを待つのみです。

ポニーテールとサド作品

サドの著作をやっとこさ読み終わったところに
ポニーテール禁止校則のニュースを知る。

とんでもない内容の本なのだけれど美徳より悪徳の方が哲学的で魅力的だった。
人間の自由って?想像力って?そして人間は自然の一部なのか?
これ読むとポニーテールはどこかに行っちゃうと思うのだけれど。

サド裁判(上)

アスベスト館館長:元藤燁子先生から頂いた本。

被告:
澁澤龍彦・石井恭二
特別弁護人:埴谷雄高・白井健三郎・遠藤周作
弁護側証言:大岡昇平・吉本隆明・大江健三郎
 VS
検察側:教育者・PTAのお母様

話の次元が噛み合わない。
「自由」について考えた。