みかみの夏休み2019 その2:不二洞(群馬県)

鍾乳洞第2弾。
群馬県多野郡上野村にある不二洞へ行って参りました。

まずは湘南新宿ラインで高崎手前の新町まで参ります。
ここまでは簡単。
ここからバスで上野村役場を目指しますが、なんと133分!

不安を煽る本数の少なさ。
バスは神流川(かんながわ)沿いをひたすら進みます。大きなダムが急に見えてきました。ダムって異様な圧力がありますね。
吊り橋も何本か見ました。
上野村役場入口で下車。絶対決めた時間に戻らねばなりません!
ここからは徒歩で参ります。神流川を渡ります。渓流釣りを楽しむ人がちらほら。
看板でた!あと2km。車じゃなんでもない距離ですけど。
振り向けばこんなに登ってきました。遠くに道路が見えます。
やっと着きました。
やっと着いたのに入り口までまた坂です。。
入り口が見えた!なかなかの吸引力。
どどーん!肝試しスポット的な威圧感があります。
扉を開けて、未知の世界へ!

静かで良い鍾乳洞でした。そして起伏に富む複雑な構造。「関東最大級」と謳われておりましたが、特別大きな空間はありませんでしたので中程度の大きさという印象です。しかし鍾乳洞の大きさというのは果たして長さなのか?容積なのか?観光客に解放されていない部分も含むのか?いろいろ疑問が湧きました。調べて見なければなりません。
今度こそコウモリを!と思いましたが出会えず。。

出口です。一気に暖かい温度に。
鍾乳洞入り口に戻るまでのこの道が怖すぎます。どえらい傾斜によくも歩道をつけたもんだ。右に転げたらおしまいです。
道の途中にガマガエルがのぞいています。まったく動きません。

鍾乳洞入り口の向かいには「上野スカイブリッジ」なる大きな吊り橋が!どうせですから行きましょう。

でかい!
ナイスビュー!
ちょっとしたスリルでした。

目的を達しましたので昼過ぎにはもう帰宅モード。地ビールを飲んで下山です。ここが大人の遠足の良いところです。しかし徒歩の人にはとうとう一人も出会いませんでした。確かに夏に40分徒歩を選ぶのは酔狂かもしれません。

下山中。太陽の位置が変わりまた違った印象です。
どうせなので次のバス停まで足を伸ばしましょう。あれ!先ほどのスカイブリッジが見えます!あんなに高いところにいたのですね。

道の駅付近で蕎麦を頂き、無事に帰りのバスに乗りました。

ミニバスの「かんながわ号」。行きは乗客3人、帰りも5人程度でした。
夕暮れのJR新町駅。ひと安心。

みかみの夏休み2019 その1 竜ヶ岩洞(浜松市)

竜ヶ岩洞(浜松市)
日帰りで行けるということでこちらを選びました。

新幹線で浜松へ。
浜松からバスで「竜ヶ岩洞入口」バス停までアクセスすることもできますが、電車が好きな私は遠鉄(遠州鉄道)そして天竜浜名湖鉄道を経由することにしました。

遠州鉄道「新浜松」
全然知らない地名が並ぶ
車両は赤!
街中単線です。
さて、西鹿島で天竜浜名湖線へ乗り換え。こちらも単線、そして1両でやってきた!
こちらは野趣あふれます。トンネルも多く、伸びに伸びた枝がガンガン車両に当たりますよ!
金指駅
バスで竜ヶ岩洞入り口へ

バスを降りた途端、嫌な予感。誰かがマイクでしゃべっている音がします。しまった。イベント系鍾乳洞か?

車も人もいっぱいだー
家族連れもいっぱい。

夏休みイベントの真っ最中。洞内混雑のため途中立ち止まっての写真撮影が禁止でした。
竜ヶ岩洞一番のスポット「黄金の大滝」は洞内なのに落差30m。大変素晴らしいものでしたが、ゆっくり鑑賞できず残念。

写真が撮れなかったのでお土産にハガキを買いました。
パンフレット
足湯ならぬ足水がありました。せっかくなので土産物屋で専用タオルを購入してトライ。うぎゃー!劇冷たいです。しかし後から逆にポカポカしてくるように感じました。
小高い丘から全体像を望む。やっぱり謎のカラオケが流れております。

夏休みの混雑でコウモリに出会えるどころではありませんでした。
残念ですがこれはこれで「ザ⭐︎観光鍾乳洞」と申しましょうか。。どんな旅も楽しいものです。

帰りはバスで再び金指駅を目指し天竜浜名湖線で終点掛川まで行くことにしました。

電車がやっぱり好きだなあ!橋に興奮。
トンネルだあ!トンネルに興奮。
川だあ!川に興奮。
掛川に着きました。あとは新幹線なので安心です。

 

龍泉洞(岩手県岩泉町)

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。 by ニーチェ

 

ゴールデンウィークを利用して、日本三大鍾乳洞のひとつ、龍泉洞へ行って参りました!
2時間15分かけて新幹線で東京から盛岡へ。
(鉄道ファン&子供に交じり新函館北斗行き「はやぶさ」と秋田行き「こまち」の切り離しを見学。)
盛岡からバスにこれまた2時間15分揺られ龍泉洞へ。

帰りのバスまで4時間。鍾乳洞しかない、という理由もありましたが、ドラゴンブルーからなかなか去りがたく3周もしてしまいました。1周目、2周目の記憶の深淵と現実の深淵が重なり、最後は月輪観状態です。
洞内は9度。しっかりした防寒のおかげで長時間の見学が可能となりました。鍾乳洞見学にはそれなりの装備が必要であると改めて実感いたしました。
コウモリにも遭遇。薄茶色です。コキクガシラでしょうか?こちらに向かって文句を言いたげにしばらくパタパタ。またパタパタ。昼寝の邪魔をしてしまったようです。

帰路も同じく2時間15分バスに揺られ盛岡へ。
(これまた「こまち」と「はやぶさ」の連結を見学。乗り遅れないように!)
盛岡から新幹線にて東京へ。。。日帰りです。