秋芳洞

正しくは、しゅうほうどう、と読むらしい。
入り口の霧に紛れたラスボス感にのっけから大興奮!
周辺施設の昭和うらぶれっぷりもまた旅情にあふれます。